お知らせ News

2017年9月9日 図書案内

読書案内「バッタを倒しにアフリカへ」前野ウルド浩太郎著

大変興味深い本が配架されました。

前野ウルド浩太郎さん(通称 バッタ博士)の著書「バッタを倒しにアフリカへ」。

小学生のころ「ファーブル昆虫記」に感銘を受け昆虫学者を志した前野さんは、

博士号を取得した後、農作物を食い荒らすバッタに立ち向かうため、砂漠の国、西アフリカのモーリタリアに旅立ちます。

当時(2011年)のモーリタリアは日本人は13人しか住んでおらず、「地球の歩き方」にも載っていない未知なる国。

バッタが大発生することで定評のある国のはずが、建国以来の大干ばつにみまわれバッタの姿が消えていたり、「刺されると死ぬことのある」サソリに刺されたり、バッタ来襲の報に300kmの距離を駆けつけるとすでに殺虫剤ですべて退治されていたりと、さまざまな試練が彼を襲います。

人類を救うため、自身の夢(バッタの群れに飛び込み、全身でバッタと愛を語り合いたい)を叶えるため単身サハラ砂漠に乗り込んだ著者の死闘の日々の記録。貸し出し中で新刊コーナーにない場合は予約もできますのでぜひ手にとってみて下さい。