やさしいブラウザ・クラウド版はこちらからご利⽤下さい

協会概要

組織名 特定非営利活動法人 金沢区民協働支援協会
設立形態 特定非営利活動促進法に基づく特定非営利活動法人(NPO法人)
所在地 横浜市金沢区洲崎町1-18
設立 平成19年12月27日
設立目的 主として市民利用施設等の管理運営に関する事業を行い、また、地域住民の自主的なサークル活動や地域活動への支援等を行うことにより、不特定多数の市民の相互交流を深め、ふれあいのある快適な地域社会の実現に寄与することを目的とする。
代表者 理事長 横井正巳
役職員数 役員 (理事19人,監事2人)  職員数121人(常勤職員15人 ・ 時給職員106人)〈令和3年6月現在〉
貸借対照表 平成29年度(PDF:54.4KB)平成30年度(PDF:61.2KB) 令和元年度(PDF:24.0KB)令和2年度(PDF:60.0KB)

〜ご挨拶〜

特定非営利活動法人金沢区民協働支援協会は、指定管理者として平成20年4月から業務を開始いたしました。 現在、当協会は、金沢区内13か所の区民利用施設を管理運営しており、管理する全ての施設が日々、円滑な施設運営に努めております。そして、利用される皆様が、いつでも安心して気持ち良く利用していただけるよう、スタッフ全員気持ちを一つにして応対いたします。 また、施設運営事業、地域交流事業、講座開催事業などを通じて、地域の人々の活動を支え、金沢のまちづくりや地域コミュニティの形成に貢献してまいります。 今後も、当協会の事業につきまして、多くの皆さまに一層のご理解・ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

平成29年7月

事業案内

NPO法人 金沢区民協働支援協会は、次の事業を行っています。

1 区民利用施設の管理運営事業

金沢区民協働支援協会は、金沢区内の区民利用施設13施設(地区センター3・コミュニティハウス9・スポーツ会館1)の管理運営を行っております。 利用する皆様方や地域の要望に応えた柔軟かつ円滑な管理運営を行い、高品質なサービスの提供に努めております。

※区民利用施設は、地域の幼児から高齢者まで幅広い層の方々が自主的に活動し、スポーツ、レクリェーション、講演会、研修会、サークル活動などを通じて相互交流を深めることのできる場として設置されているものです。

2 地域交流事業

地域活動や自主的なサークル活動などに取り組む地域コミュニティへの支援等を通じ、活力とふれあいのあるまちづくりを推進しております。

3 講座開催事業

幼児から高齢者の方々まで、幅広い世代を対象とした多様な自主企画講座の開催により、地域の方々の相互交流を深め、快適な地域社会の実現に努めております。

令和2年度の事業実績は次のとおりです。

区民利用施設の利用者[2年度実績] 地区センター 161,241人、 コミュニティハウス 48,009人、 スポーツ会館 19,678人
地域交流事業の開催[2年度実績] スポーツ大会、こどもの日イベントなどの交流事業 2施設 5事業 参加者約199人
講座開催事業(自主事業の開催)[2年度実績] 書画・俳句等の生涯学習講座、健康体操教室などの開催 61講座 483回開催 参加者約5,541人
「3つのS」を標語に掲げ、日々の業務に取り組んでいます。Supportサポート Speedスピード Safetyセーフティ 
地域の皆様が、健康で明るい地域生活をおくれるように、さまざまな活動の場の提供と、活動の機会を創造いたします。 利用者の方々の要望に迅速に応えるとともに、日々の業務を迅速・正確・公平に行います。 安全に安心してご利用いただくために施設・設備の管理運営に万全の態勢を整えています。
「3つのS」を標語に掲げ、日々の業務に取り組んでいます。Supportサポート Speedスピード Safetyセーフティ
Supportサポート
地域の皆様が、健康で明るい地域生活をおくれるように、さまざまな活動の場の提供と、活動の機会を創造いたします。
Speedスピード
利用者の方々の要望に迅速に応えるとともに、日々の業務を迅速・正確・公平に行います。
Safetyセーフティ
安全に安心してご利用いただくために施設・設備の管理運営に万全の態勢を整えています。

協働オフィス金沢 事務局

  • 地区センターなど区民利用施設の管理や運営を行っている NPO法人金沢区民協働支援協会(別ウィンドウで開く)
  • 自治会町内会が行う地域の活動をお手伝いする 金沢区町内会連合会(別ウィンドウで開く)
  • どんど焼きなどの観光イベントの開催や観光情報を発信する 横浜金沢観光協会(別ウィンドウで開く)

交通案内

金沢区民協同支援協会事務局 金沢地区連合町内会館2階 地図

金沢八景駅から徒歩10分。駐車場はありません。